ISB Marketing

Webサイト調査

サービス概要

Google Analyticsをはじめ、各種Webサイト分析ツールを活用して自社Webサイトのデータを収集することが容易になっています。しかしながら「分析ツールを使ってデータを見ているだけ」といった状況も多く見られます。

自社Webサイトの現状を把握し必要な改善策を講じるためには、Webサイトの分析が重要であり、「定量分析」「定性分析」の2つの側面から調査することが効果的です。

「定量分析」では、Google Analyticsはじめとしたアクセス解析ツールを用いてWebサイトの訪問ユーザーの流入元、訪問数、閲覧ページなどの数値データから現状を把握します。問題点の仮説を立てます。

「定性分析」とは、数値では表せないようなデータを使った分析のことです。Webサイトの定性分析手法の1つが「ヒューリスティック分析」です。ヒューリスティック分析では、専門家がWebサイトを実際に閲覧して使い勝手や操作性などを評価します。

このような課題をお持ちの方におすすめです

  • Webサイト改善のため、
    問題点を洗い出したい
  • Google Analyticsを
    見ているが、具体的な
    施策につながっていない

ISBマーケティングで
できること

課題は見えているものばかりではありません。
ISBマーケティングでは、お客様のWebサイトをアクセス分析とヒューリスティック分析の両面から調査致します。
ヒューリスティック分析に関しては、Webサイトの使い勝手を訪問者の視点から客観的にチェックし、改善が必要とされる箇所とその理由をご提示します。また調査結果に基づき、改善の方向性や具体的な対策のご提案をいたします。

これまでの実績

公益法人様向けサービスサイト調査

ITサービス業様向けコーポレートサイト調査

ほか

ISB MARKETING